患者さんお一人お一人が安心して過ごせるよう、

を​積極的に進めております

すずき内科では多職種連携

多職種連携で患者さんを多角的にサポート

来院される患者さん一人ひとりに適切で最良の医療を提供できるよう、日々力を入れておりますが、時には医療そのものではどうしても患者さんが抱えている問題を解決することができない事があります。特に独居のご高齢者の場合、どんどん歳を重ねていく中で、体が不自由になり、認知も進んでしまうとご自身ではなかなか解決できずに独り、社会に取り残されてしまったように過酷な状況で生活されている方に出会うことがあります。また若い患者さんでも、医療的な問題や金銭的な問題を抱え、誰を頼っていいのかわからず途方に暮れていらっしゃる方に出会う事があります。医療法人​社団快芯会では、そういった患者さんを診療を通じて発見し、その方にきちんと適切なサポートが施されるよう「行政サービスに詳しい自分たちがきちんと動くこと」が医療従事者としての使命の一つであると考えております。

 

地域の行政機関や福祉事務所、ケアマネジャーやホームヘルパー、病院、時には患者さんのご家族と連携しながら患者さん一人ひとりが、いつまでもその人らしく生活できるよう、あらゆることに目を配り、地域社会に貢献することを目的としております。